7d67506e.jpg)から来ている

日の丸の丸からきている

K[Г之茲泙辰討い

正解は…








“(^^)v

平安時代以前から、[柿本人麻呂]のように[麻呂]もしくは[麿]という字のつく人が多数存在しました。
また、当時は自分のことも[麿]と呼んでいました。
鎌倉時代に入ると、この[麿(麻呂)]が[丸]に変化し、牛若丸のように人の名前の最後につけられるようになりました。

日本人が外洋に乗り出しはじめたのがちょうどその時期と重なっています。

丸がつけられる人物には高貴な人が多かったため、やがて自分の大切な持ち物にも丸をつける習慣が広がり、その流れのなかで、船名にも丸がつけられるようになったというわけです。

考えてみると宝刀の名前やお城の本丸といろいろありますよね


ちなみに16年ほど前までは、運輸省(現在の国土交通省)から「船舶の名前にはできるだけ丸をつけるように」という内示もあったみたいです。

海外でお店を出したら赤木丸にしようと思います
       〜アカギ〜